« クレソン | トップページ | 瑞花-suika-スイカ vol.23 »

味噌・醤油  ヤマキ醸造へ行ってきました!

2月11日(木)に開催する「お味噌を造る会」で使う大豆・糀を調達するため、

ヤマキ醸造に行ってきました!

車を走らせることおよそ100Km。埼玉県児玉郡にそれはあります。

静かな山間で、近くには清流が流れ、ヤマキ醸造は大豆畑の真ん中にあります。

100202

自社農場にて、自然栽培に近い状態で作られた大豆。

100202_2

秩父の水系から沸く神泉水と天日塩を使い、木樽で丁寧に作られています。

木樽の大きさは高さ230cm、直径270cmと大きなもの!

この大きな樽が工場内に整然と並べられています。

100202_3 味噌樽

100202_4 醤油樽

ゆっくりと自然の速度で熟成された味噌・醤油はまざりっけなしの

シンプルな味わいで、香りも良いです。

(ちなみに、1つの木樽のお醤油を一人で使うと2600年かかるとか!?(笑))

敷地内にはお食事処や自社の大豆を使って作られたお豆腐や湯葉、

畑で取れる有機栽培の野菜を使って、自前の調味料でお漬物を作り、

販売しています。

余分なものを一切使わない、天然醸造の調味料で低温熟成させています。

100202_5

ここでは、ゆっくりと時間が流れているように感じます。

その自然の速度が田畑の実らせ、熟成させることで香りよい味わいの

味噌・醤油になるんですね。

この付近には観光できるところや、30分も走らせると長瀞の蝋梅を見ることができます。

来年は工場見学と味噌造りを兼ねて、ヤマキ醸造を訪れるのもよいですね。

« クレソン | トップページ | 瑞花-suika-スイカ vol.23 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545022/47459550

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌・醤油  ヤマキ醸造へ行ってきました!:

« クレソン | トップページ | 瑞花-suika-スイカ vol.23 »