« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

ヤマキ醸造の豆腐・生ゆば・油揚げ・厚あげ 注文販売いたします!

申込締切は 4月28日まで。 締め切りました。沢山のご注文有難うございます!

受渡は 5月6日(木)午後より。

詳しくは⇒こちら

苺のコンポート

100423_8

いちごでコンポート作りました。

今回はゆずレモンも一緒。

レモンの酸味が少し立ちすぎてしまったけれど、

これはこれでとても美味しい。

今夜はシュゼットを作ろう。オレンジとグランマニエじゃなくて、

このいちごのコンポートと リキュールは何がいいかな。。。

冷害で変色!キャベツ

100423_7

せっかく順調に育ってきても 一夜の冷害で葉が黄色に。

味も何も変わらないのに、一般流通ならはじかれてしまう、可愛そうな子達。

野菜の高騰に伴い、こちらも400円台。

テレビでは「野菜が高い。何とかして欲しい」と消費者の声も聞かれますが、

もっと泣いているのは農家さん。

うすい豆の収量もこれまでにない豊作といわれていたのに、

結局 平年の2割減の収穫にしかならず。。。

高値になって、儲けているのは誰なのか?これが市場の現実?

そして、アイスランドの火山の噴火でヨーロッパの食料は輸入されず。

夏・秋のお野菜が心配です。

悩ましい問題ばっかりの日本の食糧事情です。

新玉ねぎ

100423_6

瑞々しくて甘い新玉ねぎ。

辛味も少ないので、シャキシャキと生で食べたくなります。

薄くスライスして、おかかとお醤油、レモンをちょっと絞って

頂くのはいかがでしょう?

今日は沢山の玉ねぎとジャガイモでお味噌汁にしました。

宮崎県照葉の郷 自然栽培 1Kg410円

新じゃがいも 北海こがね

100423_5

別名「ゴールデンメイク」とも呼ばれる じゃがいもです。

表面がつるりとしていて、中はやや黄色っぽい。

フレッシュマンだけに瑞々しく

甘味とジャガイモらしい香りがしっかりとあって、

コロッケにもポトフにも、ポテトサラダにも 合いますよ!

鹿児島県沖永良部島 自然栽培 1Kg500円

筍とオニオンヌーボーの春パスタ

100423_4

毎朝 筍を湯がくと、店の中は玄米ご飯を炊くような

香ばしくて甘い香りに満たされます。

今日もいい日だなーと 晴れても雨が降っても、

ちょっと退屈な朝の掃除も気持ちが満たされます。

そんな筍を使って一品。

寒い日なので、ニンニクを少々と

(本当はいっぱい入れたいけれど、お客様商売だから!!)

オニオンヌーボーを炒めて、鍋はだにお醤油をジュッっとして

香ばしい香りを移したら、パスタとからめて完成!! 

今日のギフト 4月23日

100423_3

ご友人が退院されてたので、美味しい元気の出る野菜をとご依頼頂きました。

大体6000円分くらい。

滋養のあるスープにしたら、さぞ美味しいだろうと

人参、新じゃがいも、新玉ねぎの根菜と生姜、ニンニクでスタミナを。

そして春の香りで春かぶ、カキ菜、そら豆、ホワイトアスパラガス、オニオンヌーボー。

デザートに河内晩柑、レモンなど20種類が入りました。

箱には「美味しい元気な野菜たち」と記して 送り出しました。

山菜

100423_2

天然のふきのとう、たら芽、こごみ、うるい、うど。

春ですね~。

GWが過ぎた頃、北海道から天然の行者ニンニクや

ヤチブキが届きますよ!

北海道産天然ふきのとう 1P500円

うど 富岡自然農法 1本290円

たら芽、こごみの山菜セット 1P400円

うるい 福島県産 1P330円

絹さや

100423

インゲンとも違う、スナップえんどうとも違う、

優しく柔らかい絹さや。

八百屋を始める前は いつも量が少ないわりに高いよなと

思っていました。 高い理由は結局今も謎ですが、

旬の短い絹さやは 春を告げる野菜の一つ。

愛媛県無茶茶園 自然栽培 1P150円

天然のふきのとう 入荷です!

100421_2

北海道の山奥から 天然のふきのとう 届きました! 1P500円

築地御厨 内田のお兄さんが山奥から採ってきてくれます。

もう少しすると、行者にんにくややちぶき なども入ってきますよ!

今日は

Organicのうど(290円) やうるい(330円) 

たら芽・こごみの山菜セット(430円)なども入荷しています!

お日和も良いですし、天ぷらでビールをグビッと行きたいところでしょうか!?(笑) 

塩麹

100421_4

塩と麹を発酵させた発酵食品です!

簡単に漬物が出来る漬物床だったり、肉や魚の下味に使えたり、

隠し味に使えたりと 万能な調味料。

麹の甘い香りと丸みのある塩味。クリーミーさと旨味が特徴です。

ご試食用意しておきますので、是非召し上がってみてください! 

<塩麹とは>
米麹と塩をひたひたの水に漬けた醗酵食品です。
石孫本店では寒の時期に仕込み1年醗酵をさせ、
注文を受けてから火入れをしてくれます。

<使い方>
◇野菜の漬物
糠床の臭みもなく、浅漬けよりも旨味が増します!
野菜を1口大にカットし、ポリ袋の中にいれ、
塩麹をスプーン1~2杯入れ、1晩おきます。
軽く水洗いすれば完成!

◇魚や肉の下味に
西京漬や粕漬のように塩味と旨味が加わり風味豊かになります。
豚や鶏肉、砂肝の下味に。鯵や鯛に薄く塗り、洗い流して焼くと、
ふっくら美味しく出来上がります。

◇コクをプラス 隠し味に
酢味噌や白和え、煮物などあと一味、塩味と旨味を加えたいときに、
隠し味としていれれると風味が豊かになります。

100421_5

石孫本店 1P300g 660円

ヤマキ醸造の豆腐・生ゆば・油揚げ・厚あげ 注文販売いたします!

埼玉県のヤマキ醸造の豆腐ブランド「豆庵」の商品をご紹介します。

これまでのお漬物やお味噌同様に 注文販売となります。

申込 : 4月28日(水)まで

受渡 : 5月6日の午後より~GW明け です。

お豆腐類は大豆の味が濃く、柔らかに仕上がっており、どれもお勧めです。

◇ふんわりやんわり(豆腐) 200g 380円

濃厚な豆乳を加えた大豆の風味が豊かでクリーミーなおぼろ豆腐

瑞花お勧めの逸品。

◇国産有機JAS湧き水豆腐(絹・木綿) 300g 390円

国産有機大豆を使用しJAS認定を取得。

特に絹豆腐は珍しい温豆乳寄せです。

◇豆庵豆腐(絹・木綿) 300g 290円

国産特別栽培大豆を使用し、大豆の香りが好評です。

◇有機JAS生ゆば 70g 550円

国産有機大豆を使用し、丁寧に手ですくい1本にまとめた濃厚な生ゆば

一見小さく見えますが、食べ応え充分です。

◇油揚げ 2枚入り 240円

国産特別栽培大豆を使用し、菜種油の一番絞りで沈み揚げした油揚げ

肉厚で食べ応えのある ちょっと感動した油揚げです。

◇厚揚げ 240g 290円

国産特別栽培大豆を使用し、菜種油の一番絞りで揚げた厚揚げ

ご不明な点はお問い合わせください!

瑞花-suika-スイカ vol.34

club今月は28日(水)まで営業です!GWは4月29日~お休みします!

先週は「季節は春ですよね??」と確認したくなる程、
真冬並みの寒さで雪が積もるなどビックリする天候でした。
この天候で夏・秋の作物の出来が不安ではありますが、
自然は意外と強いもの。信じて成長を見守りたいですね!
体調は崩されていないでしょうか?
そんな寒さの中でも沢山の方にご来店頂き、感謝しております。
有難うございます。
春野菜が出揃ってきました。
絹さや、そら豆、スナップいんげんの豆類やにらも出てきました!
GW過ぎには、ナスやピーマンもそろそろ・・・?

club春の新もの来ましたよ!

◇春かぶ 茨城県 田神さん 270円

かぶは一般的に冬が旬ですが、この子は春にできる子。
瑞々しく甘味があって、生でサラダにできます。
葉も柔らかくて美味しいので、軽く湯がいてお浸しにどうぞ。

◇新たまねぎ 宮崎県 照葉の郷 390円/Kg

瑞々しく甘味が充分な新玉ねぎ。
スライスして、玉ねぎだけのサラダもよし、
ポテトサラダに入れてもよし、軽く火を通せば、甘味がより増しますよ!

◇新じゃがいも 鹿児島県沖永良部島 460円/K

北海こがねという品種。
やはりこちらも春らしく瑞々しくヤングなお味。
でもしっかりとホクホクの煮崩れしにくいじゃが芋です。

◇春キャベツ 愛知県渥美半島 1ヶ 410円

弾力があり、葉が柔らかで巻きの大きい春キャベツ。
甘味が充分です。こちらも、まずは生でどうぞ。 
オーガニックの紫蘇の葉と一緒に千切りにすると爽やかさが増しますよ!

clubGWのお休みのお知らせ 5月6日より通常営業いたします!

4月29日~5月5日までお休みします!ここで少しばかり、骨休め。
のんびり農家さんで農業の勉強でもしてこようかと思っています。
暫くお休みを頂きますが、どうぞ宜しくお願いいたします!
GWのお知らせ

clubヤマキ醸造の お豆腐・味噌・お漬物・甘酒

〆切は28日(水)までです!
受渡は5月6日(木)午後からです!

詳しくは⇒こちら

clubNew! -塩麹- 石孫本店 1P300g 660円

詳しくは⇒こちら

天然ふきのとう でパスタ

ふきのとうと言えば、山菜の天ぷらやふきのとう味噌と決まってしまいますが、

なので、パスタにしてみました。

100421_3

彩りが良いとはとてもいえませんが、

ふきのとうの苦味と香りがしっかりと活かされた一品。

菜種油をフライパンにしき、針に切った生姜で香りをだしたら、

さいの目に切った(バラバラになってしまうけど)ふきのとうを投入。

塩とお醤油で味を調え、パスタをからめただけ。

シンプルだけど、素材の味を充分に楽しめます。

ご飯にかけても 美味しいですね!

うすい豆 4月15日(木)、16日(金)、17日(土)で販売!

お待たせいたしました!うすい豆 入荷しました!

先週よりも お兄さんな味(熟してきたということ)で

おいしくなっております。

数に限りがありますので、お出かけくださいませ。

(でも、今日は冷たい雨ですね。。。)

100406_2

和歌山県 紀州みなべの川西農園 1P660円 レシピ付!

マチェドニア

100417_2

旬のフルーツでマチェドニア!

あまおう、デコポン、河内晩柑、パール柑、いよかん、ゆずレモン。

今回は白ワインと甜菜糖だけ。

クローブを入れてもよかったなと、後から思ったりしました。

豆豆づくし

100417

いんげん、スナップ、うすい豆、そら豆、絹さや。

今日はお豆さんを並べてみました。

春ですねー。 

うすい豆は今日限りでございますので、お早めにどうぞ。

-ドレッシング-

ドレッシングの基本はフレンチドレッシングから。
そこからアレンジすることでバリエーションが広がります。
基本は油とお酢が3:1。
これに様々なものを加えることでバリエーションが広がります!

<フレンチドレッシングの作り方>

酢1:オリーブオイル3 塩・胡椒 少々

①ボウルに塩と酢を入れ、塩を溶かすように良く混ぜる
②オリーブオイルと胡椒を入れ、さらに良く混ぜる
空きビンでシェイクして作ると、そのまま冷蔵保存もできて便利ですよ!

<バリエーション>

◇葉物に良くメランジェ(和える)する
◇葉物ではなく、白身魚でカルパッチョに。
◇酢は米酢ではなく、ワインビネガーやりんご酢、レモンや柑橘を使う
◇アンチョビやオリーブ、粒マスタードを加えポテトサラダ
◇お醤油で和風に。
◇コチュジャンや胡麻油で中華風に。

つまり、酢と油が1:3。そして酸味と塩味、香りを何でつけるかで味が決るんですね!

週刊文春4月15日号に掲載されした!

11月に写真家小林紀晴さんに取材を頂き、漸く掲載となりました。
当初、文春の担当者さんからお電話を頂いた折、
「グラビアを担当しているものなのですが・・・」
ひえぇ~~八百屋の姉さんグラビアですか??とおこがましくも内心ビックリ!?
年齢的にも無理でしょ!!って(恥笑) 
良く話を聞けば、働く姿勢に焦点を当てた 取材と分かり、
ほっとしたエピソード付きです(笑)

瑞花-suika-スイカ vol.33

clubヤマキ醸造のお豆腐 注文販売承ります!

醤油・味噌・旬菜漬でおなじみのヤマキ醸造のお豆腐・生ゆば・油揚げ・厚揚げなど、
注文販売承ります!「豆庵」の名前でご存知の方も多いのではないでしょうか?
実はヤマキ醸造がこの名で、すぐ隣に工場を有しています。
大豆の香りが良く、濃厚でクリーミー!!
おすすめは、濃厚な豆乳の中におぼろ豆腐が沈んでいる「ふんわりやんわり」。
そして、1枚1枚丁寧にすくい上げた生ゆばも充分に食べ応えがありますし、
油揚げの美味しさにビックリ! 是非、お試しください!
詳しくは⇒こちら

clubGWのお休みのお知らせ 5月6日より通常営業いたします!

4月29日~5月5日までお休みします!
ここで少しばかり、骨休め。
のんびり農家さんで農業の勉強でもしてこようかと思っています。
暫くお休みを頂きますが、どうぞ宜しくお願いいたします!こちら

club週刊文春4月15日号に掲載されした。

詳しくは⇒こちら

clubRecipe -ドレッシング-

詳しくは⇒こちら

そら豆のレモンパスタ

100410

イタリアのレモンの本で読んだレモンパスタは最近のお気に入り。

今日はそら豆と一緒に。

塩をきつめにして、パスタを湯がく。このときに、そら豆も一緒に湯がいてしまい、

先に取り出して、うす皮をむく。

レモンの皮をすっておく。

茹だったバスタにオリーブオイルと摩り下ろした皮、

上からギューギューレモンを絞って 和えるだけ。

うすい豆 再入荷します!

4月15日(木)・16日(金)・17日(土)

大好評な うすい豆、再入荷いたします!

今だけの この良い香りを是非お楽しみください!!

紀州みなべの川西農園 1P 660円 レシピ付。 

ご予約も承っております。

詳しくは⇒うすい豆

100406

今日のおやつ

100408_4

今日のおやつはちょっと豪勢に。

さつま芋とリンゴのレモン煮。 アップルミントを添えて。

ロブションのハニージンジャーのパンに無糖ピーナッツバターと喜界島の黒糖。

あまおう 2つ。

ドリンクは LUPICIAの紅茶「シャンパーニュ ロゼ」

ストロベリーとシャンパンの香りがする紅茶です。

お昼を食べていないので、いいよねーと、自己満足(笑)

山わさび

100408_3

北海道から天然の山わさびです!

師匠である築地御厨 内田のお兄さんが北海道の山奥から

採ってきてくれるので、とても貴重なもの!

ホースラディッシュのようにお肉の香味としては勿論、

摩り下ろしたものを アツアツのご飯にのせ、おかかとお醤油を一刺し。

日本酒のご用意をお忘れずに!

お醤油テイストのドレッシングでサラダにしても美味しいですよ!

北海道 天然 1本500円程度

わけぎ

100408_2

美味しいわけぎ 来ました!

辛味が少なく、甘味のあるわけぎです。

これは おススメです。

暖かくなったこんな日は レモンのパスタ(パスタを湯がいて

オリーブオイルとレモンを搾って和えた物)に

パスタが見えなくなるくらい、輪に切ったわけぎとセリをのせて

からめて食べたら美味しいだろうな・・・と妄想中(笑)

千葉県 一般栽培 1P300円

サラダの葉っぱ活用法

葉物野菜はパサパサして嫌い・・・という方に朗報です。

何かと一緒に食べたり、和えたりすることで解消されます!

まずは下処理から

①サラダの葉っぱを水に浸し、パリッとさせます。

※浸水は多くても5分程度。長すぎると、逆にヘタってしまいます。

②しっかりと水分を切って、ボールに入れて、冷蔵庫へ。

冷蔵庫で少し冷やすと さらにパリッとします。

さ、ではFirst Stepとして 簡単に「そのまま」使う。

何かと一緒に食べることで、さっぱりとさせてくれます。

◇ステーキの付け合せ

◇炒めたお肉の下に、「そのまま」敷く。

◇ガーリックオイルで焼いたホタテや海老、イカの上に「そのまま」のせる。

 ボールの中で魚介と葉っぱを和えてから、自分のお皿に盛ります。

+

Second Step は「メランジェ」する。

メランジェとはフランス語で「混ぜ合わせる」ということ。

そこで・・・少々とろみのあるドレッシングと葉がしんなりする程和えることで、

パサパサが解消します!

◇サラダの葉っぱに、トマトやマッシュルームを散らして 

 とろみのあるドレッシングで良くメランジェ(和えて)して食べる。

◇ドレッシングとメランジェ(和えた)葉っぱを

 ローストビーフの上や鯛のカルパッチョの上にのせて食べる。

◇サンドウィッチのフィリングとして、ドレッシングとメランジェ(和えた)葉をはさむ。

◇シーザーサラダとして

いかがでしょう?

つまるところ、とろみのあるソースや油(脂)と一緒に食べることで

葉のパサパサ感を解消し、さらに口の中もさっぱりさせてくれます。

さ、ボナペティ(笑)

さらだの葉っぱ

100408

サラダブーケに続いて、昨年も出していた サラダの葉っぱ。

サニーレタス、ロメインレタス、赤水菜、水菜、グリーンカール、

赤軸ほうれん草などなど、その日に入った葉野菜を

大きく契って ご用意しております。

サラダやお肉のつけ合わせなどに、ご活用くださいませ。

1P250円

瑞花-suika-スイカ vol.32

club 桜が満開ですね!

今週は入学式や入社式などなど新しくスタートを
切られる方が多いのではないでしょうか?
どなた様も良い1年になることを心よりお祈り申し上げます!
野菜は端境期ゆえ、「野菜がない、野菜がない」と
毎日ブツブツとつぶやいておりましたが、ふと棚を見れば、
アスパラガス、菜の花、そら豆、うど、うるいと
春の装いになっておりました。
自然はそうやって静かに移ってゆくのですね。
毎日向きあっているつもりだったのに、浮ついていた(?)
ことに気づかれました(笑)
春ですね!軽やかに参りましょう。^-^

club オススメ野菜

◇ミニかぶ 茨城県 1P 250円
大和田さんの自然栽培。実は小さいですが、
瑞々しく甘味があります。
生でまずは召し上がってみてください!葉は炒めたりお味噌汁に。

◇うるい 群馬県 1P 310円
特有のぬめりと歯ごたえを楽しむ山菜。
天ぷらやお浸し、酢味噌和え、お味噌汁など
何にでも使える万能な山菜です!

◇サラダの葉っぱ 1P 250円
いろいろなサラダ菜を大きくちぎってご用意しております。
ザッと水にさらして水切りしたら、
サラダに、お肉の付け合せにどうぞ。

◇そら豆 鹿児島県 1P 360円
とっても味が良くのってきました!
甘味とホクホク感が溜まりません。
さやから出して、湯がいて、お塩をあてれば、
ほら!出来上がり。

◇うど 群馬県 1P 370円
先週の通信のレシピで、うど初挑戦の方続出です!
意外と簡単に、おいしくできた!と喜びの声が。
こちらも、春の味覚ですね!

◇筍 鹿児島県 1本 500 円程度
毎朝、糠湯がきしております。大好評の筍さん。
短冊に切って、フライパンで焼き色をつけたら、
味醂とお醤油で焼き焦がすだけで美味!

clubWeb Magazime Revive(リバイブ)「ステキな人に会いました」に掲載されました。

詳しくは⇒こちら

clubRecipe -サラダの葉っぱ 活用法-

詳しくは⇒少々お待ちください。

農家直伝!焼きうすい豆

100407

「七輪で焼く 焼きうすいはいかがでしょう?」と勧められ、

七輪はないので、フライパンで代用。少々自己アレンジ。

フライパンを熱し、中火でうすい豆を鞘のまま 投入!

ふたをして、蒸らし焼きします。

焼き色がついたら、裏返し。

お豆の水分だけで、充分に蒸気が回ります。

鞘が口をあけると ほぼ火が入った様子です。

お塩もいらず、枝豆のように、そのまま食べられますよ!

ホクホク、ジューシー、うまっ!

農家直伝!うすい豆 de お豆ご飯

100406_2

塩ご飯を炊いて、炊き上がりの10分前に生豆を投入すると

おいしく出来ますよ!と聞いたので、早速やってみました。

店に炊飯器はないので、お鍋で炊きましたが、

ご家庭では炊飯器でどうぞ。

米3合 塩小さじ1 お豆1P(正味150g程度)

お米は通常通りより、やや多めに水を入れ、

塩を入れて、炊きます。

その間に、お豆を鞘から出して、ざっと洗っておきます。

炊き上がりの10分前に、お豆を投入!そのまま、蒸らします。

炊き上がって、お豆が 生だったらもう少し蒸らして、

火が入っていれば完成!

うすい豆 入荷しました!

100406

好評につき、完売しました。

しっかりとした 鞘の中に包まれて、お豆さん登場!

和歌山県 川西農園はアクミガメが産卵に来ることでも知られる

千里海岸を望み、黒潮の暖かい潮風が風味豊かなお豆を育ててくれているそうです。

さてさて、お味の程は。。。

和歌山県 紀州みなべの川西農園 有機肥料・減農薬栽培 1P(300g)660円

うすい豆 限定入荷します!

グリンピースの親戚で 皮が薄く、ジューシーさが特徴。

限定で入荷いたします!

京料理では、春の香りとして出されることが多く

関西で「お豆ご飯」といえば、このうすい豆を使うそうです。

数に限りがございますので、宜しければご予約ください。

和歌山県 紀州みなべの川西農園 有機栽培 1P300g 660円(予定)

Web Magazine Revive 掲載されました。

お客様のご紹介があって、今回の取材に至り、

じっくり丁寧に お話を伺ってくださいました。

是非、ご覧になってみてください。

⇒ Web Magazine Revive

そら豆

先日、「もう少し!」と言ったきりになっておりました。

とーーーーっても美味しくなりました!

100401

そのままオーブンに入れて、丸焼きも美味!

勿論、湯がいても あっという間に食べてしまいます。

ポタージュも良いですね。

こちらも春だなぁという 逸品。

鹿児島県 一般栽培 1P300g 360円

青梗菜花(ちんげんなばな)

100331_2

青梗菜がとうだちして 花をつけたもの。

今の季節しかない、限定品です。

扱いは青梗菜と同様にどうぞ!

花が咲いていると、花だけとっておいて、

最後に散らすと、皿が華やかになるのでオススメです。

そのうち、小松菜花やター菜菜花も出てくる予定です!

茨城県 エコー有機農法研究会 自然栽培 1P230円

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »