« 瑞花-suika-スイカ vol.71 | トップページ | 本日の野菜BOX »

瑞花-suika-スイカ vol.72

club寒も間もなく緩みますよ!

最も寒い今。日向にいても、空気の芯がぐっと冷たいことを感じます。
週末、伺った茨城の農家ではマイナス7℃まで気温は下がるとか。
葱や白菜、かぶ、大根、ほうれん草など、畑の野菜達は、
夜の寒さで凍り、日中の陽射しで溶けて緩む。
これを毎日繰り返しています。
葉を枯れさせ、体内の水分を極限まで少なくし、
たんぱく質を糖に変えることで凍ってしまうことから身を守りながら、
彼らはそれでも生きているのです。
動くことのできない彼らの健気な姿は感動的すらあります。
お店に届く姿は美しいとは言えませんが、
実は今が一番甘味そして深い味わいがあるように思います。

+

club節分

来週2月3日は節分です。今回は節分のウンチクを少しばかり。

四季の始まりを「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と言い、
その前日を『節分』と言います。昔は立春から新年が
始まったため、大晦日の役割を果たす節分はとても
大切な節目だったのです。そこで、無病息災、豊作
を祈って、豆まきの行事が行われるようになったようです。

spade福豆 限定50P

カリッと良い歯ごたえ、なんとも言えない香ばしさ、
噛んでいるうちにドンドン甘味が広がります!
山形の有機栽培大豆を使用し、
長野の小さな豆菓子屋さんが丁寧に炒って下さっています。
お友達へのお土産にも喜ばれますよ!
 長野県横山製菓 1P150g 420円

+

club節分に食べるもの

邪気を祓って、今年一年元気に過ごせますように!

spade福豆
大豆には神様の力が宿るとされ、
魔物の目(魔目=まめ)に投げつけると魔を滅する(魔滅=まめ)ことが
できるそうです。
そして、一年の無病息災を祈りながら、
新年の邪気払いの意味も含め、年の数に1つ足して豆をたべるんだとか。

spade恵方巻
七福神にあやかって7種の具材をいれ、
福を巻き込むという意味で、巻き寿司を食べるそうです。
丸ごと一本食べるのは縁を切らないように包丁を使わないため。
実は大阪の海苔問屋さんがイベントとして始めたものが
マスコミに取り上げられて全国的に広がったんだとか。
今年の恵方は南南東。

spade
鬼はくさい鰯の頭が大嫌い。
なので、頭を柊に指して、玄関に飾るんですね。
さらに、鰯を食べて、鬼を寄せ付けないようにします。

spadeこんにゃく
食物繊維が豊富で胃腸をきれいにする働きがあることから、
昔の人は節目にこんにゃくを食べ、
身体の中をきれいに掃除するという風習があるんだとか。

spadeけんちん汁
栄養豊富で身体が温まるけんちん汁。
寒さに負けないように、ポカポカに温まりましょう。

spade福茶
昆布(=よろこぶ)、梅(=松竹梅)、
3粒の豆(=1年間まめまめしく働ける。縁起の良い数とされる「3」なので3粒)
を湯飲みにいれ、熱いお茶を注げば出来上がり。

+

clubやさいの手当て  - 葉物野菜に給水を!-

寒さから身を守るために、暖かいに地に這い、
水分を極限までにきっている野菜たち。
特に、ほうれん草や小松菜、水菜などの葉物野菜は泥だらけ、
さらにお店に届くまでに自らの水分がなくなり、元気がなく、
しなびて見えるかもしれません。
そんな時な、是非最初に水につけて、給水させてあげてください。
ぐっと水を吸って、ピン!としてきますよ。
そうする事で炒めても直ぐに焦げなくなりますし、
保存するにも長持ちしますよ!

« 瑞花-suika-スイカ vol.71 | トップページ | 本日の野菜BOX »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545022/50747723

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞花-suika-スイカ vol.72:

« 瑞花-suika-スイカ vol.71 | トップページ | 本日の野菜BOX »