« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

日本酒の美味しいお店で。

湯島に日本酒が美味しいお店があります。

こっそりと、伺いたくなるような、カウンタ―だけの小さなお店ですが、

ビックリするような美味しい日本酒を飲ませてくれます。

そんなお店で、瑞花の野菜を使って頂きました。

その様子は壺中さんのブログで紹介されています。

ぜひ、ご覧くださいませ!

 

http://cotyuu.exblog.jp/i0

 

燗酒嘉肴「壺中」

東京都文京区湯島2-31-25太陽ビル 1F

営業 16時ー22時(LO21時)

定休日 日曜・月曜

翔泳社CareerZine掲載されました。

翔泳社 社会人向けスキルアップサイトCareerZine

「十人十色『起業家』図鑑」というサイトの中で

取り上げて頂きました!

かなりの長文です。

是非ご覧ください!

 

http://careerzine.jp/article/detail/2298

Good Food Marketに参加してきました!

2013.03.16-17

Food_bag_2

初めてマーケットに参加してきました!

調布の京王閣で開催され、70店舗ほどが参加していました。

商品をどれだけ用意してよいのかわからず、

ドキドキしながら車に詰め込んで、いざ出発!

130316_r


設営が始まり、やっと形になってきたところです。

初日のお手伝いはこの二人。

若い力をお借りします!亜美と香織。

130316_r_2

P3161510_r


P3161512_r


P3161513_r

ホワイトアスパラガスの上物が来ていたいました。

2日分仕入れたつもりが、1日で完売!

130316_r_3

ランチはキーマカレー!美味しい!

130316_r_8

2日目にお手伝いしてくれた二人

シラサカアサコちゃんと幻のパティスリーPetit tomoのともちゃん。

130317_r_2

他のお店もとてもすてきでした!

P3161516_r

P3161518_r_3

たねのうた

2013.3.5
「たねのうた」というサイトがオープンするとのことで、
オープニングパーティに参加してきました。
Logo_2
「たねのうた」とは種について知り
そこにある多様性や、人とのつながり、文化などを
分かち合おうという活動です。
例えば、在来種を扱う農家さんに野菜を送ってもらい、
料理を食べながら、その方のことを知ることだったり、
例えば、種にまつわる映画祭を開いて、
皆で種について語り合ったり。
今回はサイトのオープンの記念パーティ。
長崎の岩崎さんの在来種を頂きながら
お祝いしました。
今後、こうした活動に瑞花も少しずつ関わって行けたらと
思っています。
もし、イベントなどありましたら、ご紹介いたしますね!
今回のパーティの様子はこんな感じ。
130301
130301_2
Photo
130301_3
130301_4
参加していたのは、農家さんだったり、八百屋だったり、
平日はサラリーマンだけど、週末だけ農家や八百屋と言う人や
野菜について興味があります!という方。
野菜や種について、ご興味のある方は、是非ご参加くださいませ。

酸欠会「麹編」を開催しました。

2013年2月28日。

今日のテーマは「麹」。

麹って、日本食には欠かせなくて、良く聞くけれど、

結局 なに??

麹、酵母、酵素の違いってなに??

と、混同していませんか?

そんな謎を紐解く会となりました。

瑞花で扱っている甘酒は熊本の木屋本店さんのもの。

熊本での自然栽培の講習会の帰りに、ふらっと寄った山鹿で

出会った麹屋さんにとても感動したお話もさせて頂きました。

身体を健康に保つためには、いかに発酵食品が大切かが

良く分かりました。

一通りお話が終わると、あとは軽くお食事の時間。

今回は、麹を使った料理をお出ししました。

130228

トマトの甘酒漬け。どんな味か想像できますか?

あまあまトマトになってしまいそうかしら??

130228_2

セロリの茎の甘酒漬け。

130228_12

セロリの葉のカレー漬け。

130228_7

白川郷というにごり酒と車麩のジョン。

130228_9

アボカドの赤味噌漬けをディップに、油揚げの上にオン!

130228_11


鳥胸肉の塩麹漬けと長ネギのラーパーツァイ風。

これらは、発酵王の伏木さんのレシピ。

甘酒を使った料理って、どんなふうに甘くなってしまうんだろう??と

ちょっと不安でしたが、1晩仕込むと甘味は旨味に変わり

とても馴染むのですね。

お客様も、ニコニコときれいに完食!

楽しんでいただけたようで、良かったです!

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »