農園の手料理

Photo


マナ農園へ行ってきました。

春先に伺って以来、半年ぶり。

畑はすっかり冬の装いになりつつありました。

一日畑仕事のお手伝い。

そのお礼に、とお夕飯をごちそうになりました。

鶏卵をしているので、自前の鶏肉と大根、牛蒡、里芋、人参。

すべて農園のもの。なんと贅沢な!!

特に里芋が美味しく、また牛蒡も太くて格別!

改めて、ここのお野菜は美味しいなぁと感嘆しました。

Photo_3

これは、長崎赤かぶとキュウリの古漬け。

昨年の12月に糠床を始めて、約一年。

幾度となく、危機を乗り越えながら、ずぼらな私についてきてくれました。

八百屋のくせにキュウリは嫌いですが、

最近、キュウリの古漬けでお茶漬けは好きで、

特にほうじ茶で食べるのに、少々はまり気味。

変な話ですが、この糠漬け食べると、お通じが良い気がします。

乳酸菌のお陰なのでしょうか。


冷製パスタ

1340921851043.jpg

アボカド、トマト、バジルのパスタ。

先日の配送に入れたら、
「鼻に詰めておきたいくらい!」と
評を受けたバジルを使って(笑)

角切りにした野菜に白ワインビネガーと塩で
味を整え、
茹で上がったパスタを絡めます。
私は水で冷やさず、粗熱をとったパスタを
絡めます。

モロヘイヤのスープ

1340516049560.jpg

あるシェフに教えて貰ったレシピ。
モロヘイヤを塩と ことこと20分。
ただ煮るだけ。

今回は生姜のスライスと鷹の爪のかけらを。

出汁がないのに、
ここまで旨いか、と思えるほどです。

野菜たっぷりお素麺

110629_4

食欲が落ちる今、どうやったらしっかり野菜が取れるかを考えます。

その1つの方法として、お勧めするのが、これ。

めん汁を煮立て、お酢と青唐辛子を少々入れます。

そこに、焼いた夏野菜(ズッキーニ、オクラ、ピーマン、ナス、キュウリなど なんでも!)を

焼いた順に付け込んでいき、冷やしておきます。

素麺を茹で、薬味(おろし生姜、大葉、みょうがなど なんでも!)をたっぷり入れて

頂きます!

意外ときゅりを炒めるのって 美味しいですよ!

梅のコンポート

梅が熟しすぎて、黒い斑点が出てきたり、

当たってしまっているものをどうしようか考えて

ジャムを作ろうと作業開始。

悪いところを取り除いて、粗糖をいれて、

低温でゆっくり火をいれました。

すると、丸のまま綺麗に煮えたので、崩さずにコンポートにしました。

梅のエキスたっぷりに美味しいものができましたよ!

110625_5

梅シロップを作る

今年も梅シロップを作ろうと、作業を始めました。

自然栽培のとても良い「南高梅」と上質な粗糖「土の日記」で作ります。

梅シロップは青梅で、と書いてあるレシピが多いのですが、

私は完熟させたものが好きで、黄色く香りが高くなるのを待ちます。

さ、作業の開始です。

材料は 南高梅2kgと粗糖1.6Kg

110625_2  ヘタを取り除きます。

1106252 梅を洗い、布でよく水気を取ります。

水に入れた時の梅は何とも神秘的!

110625_3 穴をあけていきます。

110625_4 粗糖⇒梅の順番で瓶につめれば完成!

あとは、待つだけ。早くじゅわーっと出ておいで!

炭酸水で割っても良いし、カクテルに使うもよし。

寒天で固めて、梅の寒天寄せなども美味ですよ!

キャベツとトマトと生ハムのパスタ

110615_4

この日は「おひとり様」だったので、

簡単に野菜をいっぱい食べたいと、このメニュー。

コンビニでお酒とデザートを買い込み、

シャワーを浴びて、キッチンドランカーと流れ込みます(笑)

ヤングコーンはグリルの中へ放り込み、じっくり火を入れます。

水ナスは一口大にちぎって、ドレッシングをかけただけ。

パスタはニンニクはみじん切り、キャベツは1/4個をざく切り、

トマトもざく切り、生ハムは好きな大きさにちぎっておきます。

フライパンにオイルとニンニクを入れ、香りが出たら、

キャベツを炒め、水分がでたら、トマトをいれてとろみが出るで炒めます。

味を調えて、ゆであがったパスタ、生ハムを投入!

煽ってからめれば完成!

空芯菜ときくらげの炒め

110521_19

あまりにもお腹が空いたので、作りました(笑)

空芯菜ときくらげ、生姜の千切り、青唐辛子。

ごま油と塩だけです。

試食でお出ししたら(しかもご飯付き)、私も家でやる!と好評でしたよ!

野沢菜の菜花とマッシュルームのパスタ

110511_12

私のお決まりパスタ。

今日は青唐辛子と共に炒め、

やっぱり最後はレモンをぎゅうぎゅう絞って頂きます。

野沢菜の程よい苦みとマッシュルームの甘味が良く、

とても美味しく頂きました!

お豆ご飯(うすい豆)

110511_2

農家さんが「この1ケースで最後です!」というので

これは食べておかねば!と再びお豆ご飯(笑)

やっぱりこれが一番美味しいように思うのです。

出始めの瑞々しさも若々しく良かったですが、

名残はやはりコクが増して、これまた美味。

やっぱり食べてよかった!

さ、最後ですよ!来年まで食べられませんよ!おひとついかがですか?(笑)

110511_4   

より以前の記事一覧