二十四節気<清明> 4月5日

春分から清明にかけて 植物たちはぐんぐん伸びて

その生命力には目をみはります。

桜も咲き、心も華やぐシーズンです。

P4082571桜はだいぶ散ってしまった。

P4082574s 小さな梅の実

P4082577s

P4082580s

P4082587s 右近桜

P4082593s

P4082607s 山椒の芽

P4082616s

P4082618s

P4082619s

P4082627s バラの小さな蕾

 

二十四節季<大寒>

2014年1月20日 大寒を迎えました。

もっとも寒い時期ですが、次は立春と思うと

少し気持ちが和らぎます。

P1202414

P1202429

P1202422s


P1202366

P1202368


P1202372

P1202375


P1202383


P1202392


P1202397

P1202404


P1202408


P1202427



初競り。

新年明けまして、おめでとうございます!

本年も、宜しくお願い致します。

2014年の築地初日は1月5日(日)。

毎年、青果の市場には、野菜の宝船が沢山お目見えします。

今年も、拝見したく、市場に行って参りました!

+

+

1
2メートルくらいある大きな船に、野菜がびっしり。

他にも何台もの中・小の野菜の宝船が並んでいます。

+

+

2
これは小さいサイズ。既に、買い手が付いていました。

+

+

3


4
日曜日ですが、全国から野菜がびっしり!

フルーツはミカンに次いで、イチゴが全盛。

全国のかんきつ類や洋ナシ、メロン・・・そしてスイカまでありましたよ!

+

+

5

築地の中はターレの無法地帯(笑)ビュンビュン走っています。

轢かれないようにご注意を。

少し余談ですが、築地のルールを記したこんなアニメーションがあります。

友人が作っています。

How to enjoy Tsukiji fish market

+

+
6

場外で、すしざんまいの前を通ったら、大間のマグロがごろり。

今年は1000万円とか?

+

+

7

築地へ行く楽しみにの1つ。

炊きたてのご飯で作られた大きな親子むすびと

あさりの出汁がたっぷりのお味噌汁。

車の中で頂きます。

今日の気温は0度。冷えた身体に染みわたります!

+

+

8

師匠のいる築地御厨へも年始の挨拶へ。

お父さん(師匠の内田)が大好きなビールを1ケース持っていきます。

こんな本を出したぞ、とサイン入りで頂きました!

+

+

今年も良い年になりますように!!

瑞花も頑張ります!

二十四節季<立秋>

2013年8月7日―

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)

お日様の猛烈な暑さからすると、「今日から秋」と言われても

なんだかピンときませんが、秋のかけらがないかどうか

ちょっとお散歩してきました。

立秋を超えると、グンと夏野菜の味わいが増してくるような気がします。

味が濃いというか、味がのってくるというか。彼らはまだまだ盛りです。

夏野菜はカリウムを多く含み、身体を内側から冷やしてくれますから

たくさん食べて、元気に夏を乗り切りましょう!

P8071767ザクロ

P8071770


P8071772


P8071775


P8071778クルミ


P8071787早稲田茗荷らしい(?)


P8071788夏ミカン


P8071790


P8071793山椒の実 色づいてきました。


P8071801トンボ


P8071805


P8071808銀杏

野菜は輝いているのがたくさんあって、選ぶのに困ります。

130808_2



うすい豆のポタージュ。

201304290902000

お客様のMさんが、うすい豆のポタージュを作り、
「やさしい味の美味しいスープができました。
乳製品を入れないのにコクもありました。」と
写真を送って下さいました!!
きっとご家族も喜んで召し上がったのだろうな、と思うと
嬉しくなります。
Mさん、お写真有難うございました!

嬉しいメールを頂きました。

Img_23351
酸欠会「黒豆の会」に参加頂いた方から、
とっても美味しくできたのでご報告です!と
嬉しいメールが!
黒豆の煮方も、ご自身で工夫されてブラッシュアップ!
素敵なお正月の設えですね!!

食べ納め。

Photo

今年最後の栗を頬張ってます。
やっぱり美味しいなぁ、と次から次へ手が止まりません。
大きな口で頬張りたいと、包丁で鬼皮をむいてパクリ。
皮が固いから、面倒くさいと、スプーンでほじると、
バラバラと実がこぼれてもったいない。
でも、バラバラした実が口の中で広がるのか、
ほじって食べた方が、栗の甘味を一番感じられる気がします。
そんな、小さなところで、ごそごそ、ブツブツ言いながら…

トマトのテイスティング

1340515739267.jpg

料理専門雑誌「料理通信」の企画で、
トマトの食べ比べ。
対談のお相手は白金「タランテッラ・ダ・ルイジ」の
オーナーシェフ寺床さん。

加熱したら、美味しそうなもの、
弾けるような旨みのあるもの、
それぞれ個性があって、
とても勉強になりましたよ!

8月号の料理通信に掲載されます!

沖縄からご来店

110616_3

沖縄野菜を取り寄せたら、小さなでんでん虫も一緒に!

飛行機に乗ってきたのかな?

ようこそ、おいで下さいました(笑)

茨城へ行ってきました。

110603_6

震災後、初めて田神さんと仲居さん、そしてマナ農園へ行ってきました。

前日の強風でトウモロコシの苗が斜めに傾いてしまいました!

でも、この大きさなら自力で立ち上がるんだとか。

大雨警報が出ていたにも関わらず、雨は上がってくれました!!良かった!

110603_7

110603_8

110603_9 美味しい青茄子が成りますよ!

震災の影響はどうでしたか?と聞くと、

何の問題もない。放射能はわからないから、ちゃんと検査をしてもらったけれど、

今はすべて不検出。

だから、大丈夫。私たちができることを粛々とやるだけだ。

と、力強いお言葉。

茨城県と聞くと、全部ダメと レッテルを張られてしまいますが

きちんと検査をした上で、出荷しているのです。

何よりも安心・安全な野菜を提供したい。その思いだけなのです。

瑞花では、こうした事実を踏まえ、農家さんを応援するつもりで

少しずつ取り扱って行きたいと考えています。

でも、「怖いよね」と不透明なことも多いのは事実です。

それは、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え植物も同じこと。

「怖い」と払拭できない思いを持って、無理に食べる必要はないと思っています。

自分の身は自分で守ることが大前提だからです。

産地を気にすることは恥ずかしいことではありません。

「これは どこのモノ?」と堂々と質問してくださいね!

より以前の記事一覧