イベント「こども食堂」にて、野菜の先生を致します!

2016年1月11日(祝・月)に開催される「こども食堂」に参加します。

主催・一般財団法人 土屋環境教育振興財団、TSUDHIYA株式会社)

企画:オレンジ・アンド・パートナーズ

http://www.eco-tsuchiya.jp/event2016/

 

講師は「銀座 ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合シェフと

「つきぢ田村」の田村料理長が

小学4~6年生の子供たちにおもてなし料理を教えて下さいます。

私は野菜の先生として、「旬の野菜の見分け方」について、

お話させて頂きますよ!

子供たちは、写真のようなおそろいのユニフォームを着てつくります。

きっと可愛らしいでしょうね!

「野菜の辞典」はスタッフの方と頑張って作りました。

楽しみでなりません。

夏野菜レシピコンテスト

 

ぐるなび プロから学ぶ簡単家庭料理「シェフごはん」が

主催する夏野菜のレシピコンテスト。

プロの方々にテーマに沿って、レシピを組み立て、応募いただき、

よりおいしく家庭で作りやすく、かつシェフの1ワザが垣間見れるところが

審査のポイントです。

そのコンテストの審査員をさせていただきます!

プロの方は是非、ご応募ください!
http://chefgohan.gnavi.co.jp/contest/natsuyasai/detail

瑞花の野菜縁日「東西のお雑煮と餅つき大会!」

2014年1月25日(土)、26日(日)

神楽坂フラスコにて。
大人も子供も、笑顔がいっぱい溢れていて、
とても印象的な野菜縁日となりました。
販売したお餅は約350ヶ!
つきたてのお餅は、やはりとても美味しかったので、
来られなかった方々にも、お届したかったです!
1
準備開始!
2
大きな杵と臼が登場!常連の林さんが貸してくださいました!
3
ル・クルーゼのお鍋。これから美味しいお雑煮とぜんざいを仕込みます!
7
長崎の合鴨米のもち米20キロ!初日は10キロを洗い、一晩浸水させます。
10
瑞花の紹介コーナー。
5
野菜も並べます。頑張ってくれているのはスタッフの香織ちゃん。
8_2
ぜんざいの仕込み開始!
39
当日、晴れました!
13
外への看板も立てて・・・
6
もち米の水切りをしています。
14
水が切れたら、蒸し始めますよ!
12
1日目のお手伝いはこちらの美女3人。
左から直子さん、薫さん、トモちゃん。
皆、テキパキと手際よく動いてくださるスーパー調理スタッフ!
17
さ、臼の準備もできました。
中央は臼を貸してくださった林さん。
餅つきのご指導も頂きます!
18
蒸しあがった餅米を入れて。。。
20
こね始めます。これが結構大変!
22
皆さん、集まってきました!
25
子供も、大人も順番につきました!
32
つけたら、丸めて、器に入れて行きます!
30
ご希望のお味でお楽しみいただきます。
37
関東風のお雑煮。
27
外のベンチにお座りして、頂きます!顔がぜんざいだらけになったって
美味しいものにはがっつきます!
26
でっかい友人が来てくれました。お餅がより小さく見えます。
28
小上がりは人でいっぱい!みんな美味しそうに食べています。
34
2回目が始まりました。
41
僕だって!
42
子供が終わるとお父さんの出番。
かっこよいところを見せてもらいます!
45
2日目のお手伝いは、直子さん、さっちゃん、あと昌江さん。
36
2日も小上がりがいっぱいに。
44
お野菜も人気です。
49
納豆餅。ヤマキ醸造の大粒の納豆を引き割りに。
有機栽培の大豆を伝統的な製法で発酵させた納豆です。
50
辛味餅。
寒風に吹かれた大根の甘いこと!
人気の一品でした。

森のジューススタンド

2013年8月31日、9月1日

神楽坂・フラスコにて

告知 ⇒ 

市谷経済新聞でも取り上げて頂きました!⇒ 

いつもの瑞花が神楽坂に臨時オープン。

夏の最後の縁日のごとく、野菜ジュースと野菜の丸かじり、

そしていつものお野菜を少しだけご用意させて頂きました。

予定していた人数よりも、倍くらい沢山の方にお出かけ頂き、

とても盛況に終えることができましたよ!


I

A

B

C

J





D


E

G

ジュースのチケット 1杯500円 従妹がデザインしてくれました!

M

オリジナルのジュースレシピで販売!

K

P

ブレンダーを貸してくれたのはクイジナートさん!

このクッキングブレンダーは、加熱調理もできるすぐれもの!

L

野菜の丸かじり。 1皿300円食べ放題!

自然栽培のブルーベリーやすもも(貴陽)、北海道のミニトマト、

きゅうりなど、いずれも農家さんの愛情たっぷり詰まった野菜たち。

S

V


奥の畳のこあがりで、ゆっくり休みながら飲んだり食べたり。

Q
ジュースのレシピ付野菜セットも販売!

N

今回お手伝い頂いたメンバー 1日目。

左から、スープカレンダーでご一緒させて頂いたさん、直子さん。

そして、瑞花の矢嶋、伊藤。

R

2日目は、1日目に引き続き薫さんと、あさこ食堂のアサコさんもお手伝いに!

X

農家さんたちより、メッセージも送って頂きました!

W

外にはバギーや自転車がいつもいっぱい。

楽しい夏の終わりの野菜縁日でした。

有賀薫 写真と絵画展「スープカレンダー」

有賀薫さんの展覧会に参加させて頂きました。

野菜部門を全面バックアップ!

具体的には、実食用のスープの野菜とスープのレシピ付き野菜セットの販売。

そして、アシスタント業。

2013年4月5日(金)~10日(水)

神楽坂 フラスコにて

概要はこちら(市谷経済新聞)

001

002


003


004


005


006


007


008

実食頂くためのスープ

春野菜のミネストローネと日替わりスープ

毎日完売続出でした!

009


010


011

スープのレシピつきの野菜セットを販売しました!

これが大好評で、Facebookやフード系ソーシャルメディア「ミイル」でも、

「美味しくできました!」との声がたくさん聞かれました!

012

袋の中身はこちら

013春野菜のミネストローネ


014人参のポタージュ。オリジナル麩付き。


015焼きトマトのみそ汁


016千切りジャガイモと黒胡麻のスープ


017ホワイトアスパラと新玉ねぎのスープ

スープの写真を額にいれたり、シートにして、販売しました!
018

瑞花にもお花やプレゼントをたくさん頂きました!

ご来場頂きました皆さま、有難うございます!

019

Good Food Marketに参加してきました!

2013.03.16-17

Food_bag_2

初めてマーケットに参加してきました!

調布の京王閣で開催され、70店舗ほどが参加していました。

商品をどれだけ用意してよいのかわからず、

ドキドキしながら車に詰め込んで、いざ出発!

130316_r


設営が始まり、やっと形になってきたところです。

初日のお手伝いはこの二人。

若い力をお借りします!亜美と香織。

130316_r_2

P3161510_r


P3161512_r


P3161513_r

ホワイトアスパラガスの上物が来ていたいました。

2日分仕入れたつもりが、1日で完売!

130316_r_3

ランチはキーマカレー!美味しい!

130316_r_8

2日目にお手伝いしてくれた二人

シラサカアサコちゃんと幻のパティスリーPetit tomoのともちゃん。

130317_r_2

他のお店もとてもすてきでした!

P3161516_r

P3161518_r_3

酸欠会「麹編」を開催しました。

2013年2月28日。

今日のテーマは「麹」。

麹って、日本食には欠かせなくて、良く聞くけれど、

結局 なに??

麹、酵母、酵素の違いってなに??

と、混同していませんか?

そんな謎を紐解く会となりました。

瑞花で扱っている甘酒は熊本の木屋本店さんのもの。

熊本での自然栽培の講習会の帰りに、ふらっと寄った山鹿で

出会った麹屋さんにとても感動したお話もさせて頂きました。

身体を健康に保つためには、いかに発酵食品が大切かが

良く分かりました。

一通りお話が終わると、あとは軽くお食事の時間。

今回は、麹を使った料理をお出ししました。

130228

トマトの甘酒漬け。どんな味か想像できますか?

あまあまトマトになってしまいそうかしら??

130228_2

セロリの茎の甘酒漬け。

130228_12

セロリの葉のカレー漬け。

130228_7

白川郷というにごり酒と車麩のジョン。

130228_9

アボカドの赤味噌漬けをディップに、油揚げの上にオン!

130228_11


鳥胸肉の塩麹漬けと長ネギのラーパーツァイ風。

これらは、発酵王の伏木さんのレシピ。

甘酒を使った料理って、どんなふうに甘くなってしまうんだろう??と

ちょっと不安でしたが、1晩仕込むと甘味は旨味に変わり

とても馴染むのですね。

お客様も、ニコニコときれいに完食!

楽しんでいただけたようで、良かったです!

七草粥の会を開催しました。

1月7日は尽日の節句。
豊作と無病息災を願いながら、七草を頂きます。
お正月で疲れた胃腸を休める意味もありますね。
この日は、七草の会を開催。
お料理はこんな感じでご用意致しましたよ。
♪七草なずな 唐土の鳥が日本の橋を渡らぬうちにトトンガトントン♪
と歌いながら、七草を切っておかゆに入れます。
お塩をかけながら、頂きます。
130107
紅甘味大根で作ったナマス。
紅白できれいにできました。
130107_2
ちぢみほうれん草のゴマ和え。
ゴマペーストで少し甘めに仕上げました。
軸が甘くてびっくり!
茹でる前に、生で食べた時の感動は凄かった!
130107_3
カブの含め煮。
昆布出汁と日本酒、塩で含め煮ました。
仕上げに柚子の皮を振り入れます。
とても美味しくできました!
130107_4
ワインはこちら。
ポルトガルの微発泡のワインです。
130107_5

酸欠会「黒豆の会」

1357741650183.jpg 12月26日に開催した酸欠会はお正月を前に、 「黒豆」の会にしました。 時間がかかる、とか 手間がかかる、とか 古クギや重曹を使うので難しそうと 敷居の高い黒豆です。 そこで、今回は 1.材料は黒豆、砂糖、塩だけ 2.火を使うのは3時間程度 3.あとは放置でなんとかなる  を テーマに、レシピを3種類紹介しました。 他に、なますのレシピもご紹介。 簡単なことに、少し敷居が下がったようです。 1357741650759.jpg ふっくら仕上げ

1357741651093.jpg

キュッと硬く、シワがよるタイプ この後はみんなで試食タイム。

 

1357741651438.jpg

1357741651928.jpg

楽しかったですね!

1357741652444.jpg

パークハイアット東京 Masters of Food and Wine

Img_6991

2012.09.21

パークハイアット東京主催にて

Masters of Food and Wineが催されました。

その様子がyoutubeでアップされています。

 http://youtu.be/pAzNwtjWDqw

詳細の写真などはこちらから。